Works01   Works02   Works03

MVアグスタ750S
MVアグスタ750Sです 美しすぎるカフェレーサー
今回の仕事は、これのE/Gオーバーホール(アッパー)です
画像は丸車ですが もうヘッドは降ろしました。
ギアトレーンユニットが高く積み上げられてるので車載でヘッドを
降ろすのはフレームに干渉しそうで 気を使います
僕は養生(マスキング)は嫌いなんでフレームに当てないように
頭で何度もシュミレートして作業します。フレームを養生して
作業するとラフに扱うことになりかねないのでかえってキズを
入れる人が多いみたい そんなわけでしないのです。 


スポーツスター
ボアアウトしたスポーツスターにハイカム入れたヤツね
オーナーはイカした(イカれた)走り屋
オートポリスサーキット、七山GP(勝手に公道レース)と
ハイカムのぶんトップエンドがまわるから ヘッドが噴いた
まぁ、ついでにシリンダーにクラックも入っちゃったりしてみたりして
今月はHSR九州を走るみたいなんで突貫作業(アグスタごめん!)新品の中古シリンダー(意味不明)にボーリングかけ そのまま組んでもまた
噴くだろうから シリンダーデッキを旋盤で落とし0、3mmスリーブを
突出させ、放熱 埋収性の良い1000番系のニュームでG/Kを作った
スリーブがG/Kに食い込む事を狙って。突出分の締め代を換算して組み立て つかれた~!でも、テスト走行になるとゴキゲンな僕さ!
画像でわかるかナ「スリーブ薄っ!」て。彼の走りに耐えれるか がんばれXLH 耐えて鋳鉄スリーブ。


ベベル900SS
アグスタのヘッドを少し進め(ヴァルブガイド思案中)てから
べべりました SSはラウンドケースの750がやはり世界的に人気がある
(たしかに美しい)がスクエアケースの900SS(登記上860SS)もイイ特にこれはボアアウトしてあるらしく(米国まわりの車)速いのだ オーナーは、日常的にこれを走らせ 居酒屋の仕入れなどこなす(肉やヤサイをどこに積むのか?)かざりじゃない所がイイのね でも、たまに遠っぱに行った時にトラぶる 阿蘇のむこうでウンともスンともらしい
車の手配をして入庫した ひとしきりべべって修理完了(配線です) ティクラー式のデロルトで燃料を送り踏み抜くキック! ドロロ パシン(失敗)初爆があったので加速ポンプで送って再始動 一通り暖気しテスト走行に ドラララーやはり90度Lツイン 回転が上がると滑らか、昨日がHDだけに特に感じる(どっちがイイとかは無いがHDは僕の中ではスプリットシングルとなってる)3速でワイドオープン ドドドド ララ~ァ?「はふー!クラッチ滑ってるじゃん」もう少し入院です。最近外車が多いけど、たまたまです。大半の仕事は、ドメスティック車です。


考え中(MVアグスタ)

シリンダーヘッドです 直打の8ヴァルブです。そもそもオイル下がりでオーナーはO/Hの決意をしたのですから ここん所大切です。バルブガイド(鋳鉄製)には IN側のみステムシールが入りEX側にはありません 古い車にはよくある設計です(Oリングが入ってる


材質(MVアグスタ)

バルブステムシールのやり取り(シール屋さんと)がもう少し時間がかかるので その他を進める シリンダのシールはCB750F用を使う事にしとりあえずスス払いなど、ピストンは すばらしい造り込みです、ピン上と下のバランス、スラップを逃がすスカート~


Copyright(C) gmb-web.com 2011 All Rights Reserved.
当ホームページの画像・レイアウト・文章プログラム等の無断転載無断使用を硬く禁じます。